価格で選ぶ外壁塗装業者ランキング

まずは、外壁塗装について知る

a portrait of asian businesswoman showing

外壁塗装費用の算出方法と目安について

外壁塗装費用の目安について いったい、外壁塗装の費用はどの

Dollarphotoclub_82452480

外壁塗装の大幅値引きには要注意!

外壁塗装の見積もり依頼と値引き 外壁塗装を考えて、数社に見

Fotolia_78230873_S

失敗しない外壁塗装~塗装費用と保証内容~

外壁塗装に失敗しないために 私たちは外壁塗装に失敗しないよ

Fotolia_73245995_S

セラミック塗料の特徴とその効果(メリット)について

セラミック塗料について 外壁塗装に使われる塗料は、シリコン

外壁塗装ランキング

価格が安いだけでなく、口コミを見て安心できる業者を独自基準のランキングにてご紹介!
外壁塗装業者は価格だけでなく、実績や対応エリア、技術力の総合評価で決めましょう!

1位外壁.com

対応エリア 全国対応
参考価格 30万円~80万円
保証期間 5年保証
工事実績 47,000件以上
その他 ・ホームページで見積り金額が分かる
・Tポイントが貯まる
・支払いは全額後払い
  • 口コミを見る
  • 公式サイトを見る

2位TOTOリモデルクラブ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~160万円
保証期間 なし
工事実績 記載なし
その他 ・TOTO・DAIKEN
・YKK AP、業界トップ3社が協力
・エコを意識した外壁塗装

3位リフォームのナカヤマ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~80万円
保証期間 なし
工事実績 590,000件以上
その他 ・足場代金が半額キャンペーン中
・カラーシミュレーションが可能
・事前診断書の作成

外壁塗装の適正価格は?

外壁塗装の適正価格はどうやって調べるの?

外壁塗装工事における適正価格は、「いくつかの会社に見積り依頼をして、比較検討の中で見出していくもの」とされています。

外壁塗装工事は、塗装面積や使う塗料、職人さんの人数などによっても大きく金額が変わってくるため、同じレベルで比較検討ができるのは「塗料代だけ」となります。

しかし塗料代についても業者によって使うメーカーや種類、グレードなどが異なるため、一社だけの見積りを見て「適正価格か?否か?」の判断は難しいとされているのです。

このような理由から考えても、外壁塗装における適正価格を調べる際には、「複数社の見積りを比較すること」が確実な方法となります。

見積り依頼をする際には、なるべく他社と同じ塗料のレベルで見積書を作ってもらった方が比較検討もしやすくなると言えるでしょう。

塗料別の単価を調べておきましょう!

外壁塗装工事に使う塗料は、種類とグレードによって概算が決まる形となっています。

1平米あたりの単価が1,800円~2,700円前後で施工できるシリコン系塗料の場合は、全体で150平方メートルの一般住宅の塗装が30~40万円前後で塗装可能となります。

これに対してクオリティの高い仕上がりや15年以上の耐久性を有するフッ素系塗料の場合は、40~70万円前後という形で「シリコン系の2倍もの塗料代」がかかりますので、まずは塗料の相場をきちんと確認しておいてください。

塗料メーカー一覧はこちら

最安値の業者が適正価格ではないのでしょうか?

低コストの外壁塗装を希望する人からすれば、最安値の業者が適正価格であると考えられるかもしれません。

しかし実際は、他と比べて著しく安い価格で塗装工事を行う業者の中には、中塗りを省いたり、アフターフォローが付いてないなどの問題が隠されていることもありますので、価格だけで業者選定をせずに必ず「見積書を内訳レベルで比較する作業」を行うようにしてください。

また、見積もりはきちんとしているが、実際に工事がスタートした後に価格を随時上乗せされるケースもあります。この見積もりで最後まで作業を行ってくれるかなどもきちんと事前に確認しておくようにしましょう!

外壁塗装工事の節約もできる!

数十~数百万の費用がかかる外壁塗装工事も、ポイントを抑えて業者選定をすれば、高額な工事代を節約することが可能となります。

外壁塗装工事の場合は「安ければ良い!」というわけではありませんので、ここで紹介するポイントを抑えて業者の比較検討をするようにしてください。

相見積りは絶対に必要です!

外壁塗装工事の検討をする際には、必ず「相見積り」を行うようにしてください。相見積りを行う最大のメリットは、「使用塗料や相場を把握できる」ということです。

外壁塗装の工事価格は使う塗料によって大きく変わるため、「この業者はなぜこの塗料を使っているのだろう?」という点に疑問を抱くことも節約に繋がる大事なポイントとなるのです。

また業者からの見積り金額に「大きな差異」がある場合は、その理由を考えていくことも、「適正な価格で外壁塗装工事を依頼すること」に繋がると言えるでしょう。

外壁塗装工事業者の見積り・比較サイトが急増している近年では、インターネットを使って簡単に一括見積りができる時代となっていますので、便利なサービスを活用して相見積りをすることから始めてみてください。

塗料のランクに注目してみましょう!

外壁塗装の節約は、塗料選びにかかっているといっても過言ではありません。最もリーズナブルなアクリル系は、イニシャルコストがかからない分、5年前後で塗り替え時期が訪れます。

これに対してフッ素系や光触媒塗料の場合は、イニシャルコストが高い分、耐用年数が15~20年と非常に長くなりますので、「ランニングコストが安い」という利点があるのです。

外壁塗装工事の価格を節約する際には、「「ランニングコスト」と「イニシャルコスト」のどちらを重視するか?」というポイントが非常に重要となりますので、将来的なことを含めてじっくり検討するようにしてください。また自分の家に合った外壁塗装工事を行うには、塗料の種類や特徴を把握しておくことも、節約に繋がる大事なことだと言われています。

3度塗り以上になっているか?

外壁塗装工事は、「下塗り→中塗り→上塗り」という3工程がセットで行われるのが一般的です。3度塗りをしていない外壁塗装工事の場合は、塗料本来の性能が低下し、「耐用年数が半分以下に落ちる」ということもありますので、注意が必要です。

外壁塗装の見積書には、「下塗り→中塗り→上塗り」でかかる費用が掲載されています。この部分で「2度塗り」と書かれている見積書の場合は、「コストを下げるために手抜きをしている」と考えることもできますので、金額が安いことに満足しない方が良いと言えるでしょう。

「外壁をきちんと守ること」に徹する業者では4度~5度塗りをすることもありますので、重ね塗りの回数が職人さんの意識の高さに繋がると考えて良さそうです。

高圧洗浄代も含まれているか?

相見積りの際に注意したいのは、「○○代サービス!」というフレーズです。低コストを掲げている工事業者の多くは、「高圧洗浄代をサービス」にする傾向がありますが、この項目は職人さんが1日かけて洗浄を行うため、人件費や洗剤などのたくさんのコストがかかる実情があるのです。

また高圧洗浄は「綺麗な外壁塗装を行う上で土台を作る作業」となりますので、この高圧洗浄の工程を簡素化している業者の場合は、「仕上がり」という意味での信頼度が低いと考えて良いでしょう。

価格重視で塗装業者を選ぶ皆さんは「○○代サービス!」という文言に弱い傾向がありますが、「なぜこの費用がサービスされるのか?」という厳しい視点で考えると、その工事業者の対応に「いい加減さ」が見られることもあるようです。

各工事費用の比較をしてみよう!

一括見積サイトを通していくつかの見積書を手に入れたら、同じ項目を並べて、比較をしてみてください。外壁塗装工事の塗料代はメーカーが定価を決めているため、同じグレードのものを使っていれば、差異が出ることはありません。また見積金額に幅が出る場合は、各工事業者で価格を決められる足場代や高圧洗浄代、養生などの部分となりますので、項目ごとに比較をしていけば、「どの工事費用が削減されているか?」という詳細が見えてくるのです。

素人の皆さんが外壁塗装の見積書をチェックするのは非常に難しいことではありますが、「同じ項目を比較する」という作業であれば、比較的簡単にできると言えるでしょう。

高すぎても、安すぎても問題です!

外壁塗装工事における節約は、「優秀な業者に納得できる価格で工事を依頼すること」です。

普通の買い物のように「安ければOK」というわけではありませんし、とても高額な見積りを出してくる工事業者であっても「高ければ大丈夫」にもならないのが外壁塗装というものなのです。

そんな外壁塗装の節約をするには、「お願いして良かった!」と感じられる業者に施工を依頼することが理想です。

当サイトでは、安心して外壁塗装を依頼できる業者をご紹介していますので、複数社から価格の見積もりをとってきちんと比較検討するようにしましょう!

トップページ

基礎知識