価格で選ぶ外壁塗装業者ランキング

外壁塗装の価格 > 基礎知識 > 和風から洋風に外壁塗装をすることは可能か

和風から洋風に外壁塗装をすることは可能か


外壁塗装の種類

質実剛健なイメージの和風建築が少なくなり洋風のモダンでスタイリッシュな建物が新しい住宅街には多くなってきました。
昔ながらの和風建築と洋風建築の違いは外見はもちろんですが外壁の素材にも大きな違いがあります。

最近主流の洋風建築ではサイディングが素材として使用されており表面に外壁用の塗装が施されています。
外壁塗装の塗料は環境や立地条件等で種類に違いがあります。

代表的な塗装の種類をいくつか紹介させていただきます。
以前費用が安価で多くの外壁塗装に使用されていたのがアクリル塗装とウレタン塗装です。

ウレタンに関しては防水用の塗料としては現在も使われています。
現在の外壁塗装の主流はシリコン塗装・ラジカル塗装と言われるもので特にシリコンは外壁塗装の約7割を占めています。

耐用年数が高い反面費用が高額な塗装としてはフッ素・無機塗料などもありますが費用と耐久性のバランスを考えればシリコン塗装が主流なのも頷けます。

和風から洋風に外壁塗装をすることは可能か

外壁のリフォームの重要性に関しては日本の四季がある寒暖差が激しい気候では当然となりますが外壁塗装のリフォームには外観の雰囲気を変えるという効果もあります。
最近多くなった洋風建築のように和風建築の住宅を変身させることも外壁塗装でも可能なのでしょうか?

和風建築では外壁の素材としてはサイディングではなくモルタルを基本的には使用しています。
サイディング材と同じ塗装ではリフォームはできませんが外観のイメージを洋風に変えることができるのがジョリパッド塗装です。

モルタルの外壁を塗り替える塗料として実績があり使用することでひび割れなどの発生を防ぐことができます。
外壁の劣化が目立つ場合は単なる塗り替えではなく金属板のサイディングで外壁をカバーする金属板サイディング工事をお勧めします。

金属板で外壁を覆った上に塗装することで洋風のモダンな外観に変身させることが可能になります。


外壁塗装ランキング

価格が安いだけでなく、口コミを見て安心できる業者を独自基準のランキングにてご紹介!
外壁塗装業者は価格だけでなく、実績や対応エリア、技術力の総合評価で決めましょう!

1位外壁.com

対応エリア 全国対応
参考価格 30万円~80万円
保証期間 5年保証
工事実績 47,000件以上
その他 ・ホームページで見積り金額が分かる
・Tポイントが貯まる
・支払いは全額後払い
  • 口コミを見る
  • 公式サイトを見る

2位TOTOリモデルクラブ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~160万円
保証期間 なし
工事実績 記載なし
その他 ・TOTO・DAIKEN
・YKK AP、業界トップ3社が協力
・エコを意識した外壁塗装

3位リフォームのナカヤマ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~80万円
保証期間 なし
工事実績 590,000件以上
その他 ・足場代金が半額キャンペーン中
・カラーシミュレーションが可能
・事前診断書の作成

トップページ

基礎知識