価格で選ぶ外壁塗装業者ランキング

外壁塗装の価格 > 基礎知識 > 壁内結露は外壁塗装で改善できるのでしょうか?

壁内結露は外壁塗装で改善できるのでしょうか?

pixta_12829197_M


壁内結露は外壁塗装で改善できるのでしょうか?

単純な外壁塗装では解決できません。
どうして結露の被害で腐食するのかを考えてみましょう。

日本の住宅は内断熱工法で家が建てられるのですが、この工法が結露が壁内にできる原因になっています。
例えば、冷えたコップに空気中の湿気がコップに触れて冷やされます。
その湿気が冷やされて水分になる状態を私達は経験上知っています。

これが結露になるメカニズムです。
住宅の壁の中に断熱材があるので、家の外部と中の部屋には温度差ができます。
冬の季節は部屋の中の温かい空気が壁の中を通ります。
外壁材は冷えていますから外壁の内側で結論なるのです。

つまり外壁塗装しても結露の対策にはなりません。
住宅の場合は温度差だけを解決する方法はありません。

どうすれば結露を解決できるの?

湿気の流れを止めてしまっても温度差のないところでも結露ができてしまいます。
温度差による結露ができるのは、目に見えない湿気の水分です。
水分が動くと水分子の活動が止まって水分になる……これが結露です。

温かい温度の場合は水分子は活発ですから湿気になります。
温かい湿気の水分子の活動が止まると結露になるのですが活動を止めなければ結露にはなりません。

新しい住宅は外張り断熱工法ですが、いずれにしても機密性を高める断熱方法です。
外壁部分は定期的に外壁塗装をするのが常識になっています。

しかし、外壁塗装をすることで余計に外壁部分の機密性を高めます。
外壁の裏側で結露を発生しやすい状況を作り出します。

住宅を風雨から守る為に定期的に外壁塗装しても腐食しやすい環境になります。
外壁を支えている部分の木材が腐食します。
腐食している部分を最初に補強したり補修したりしないと外壁リフォームはできない場合も多いです。

住宅の外壁は呼吸させるようにしないと住宅の耐久性は短くなります。


外壁塗装ランキング

価格が安いだけでなく、口コミを見て安心できる業者を独自基準のランキングにてご紹介!
外壁塗装業者は価格だけでなく、実績や対応エリア、技術力の総合評価で決めましょう!

1位外壁.com

対応エリア 全国対応
参考価格 30万円~80万円
保証期間 5年保証
工事実績 47,000件以上
その他 ・ホームページで見積り金額が分かる
・Tポイントが貯まる
・支払いは全額後払い
  • 口コミを見る
  • 公式サイトを見る

2位TOTOリモデルクラブ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~160万円
保証期間 なし
工事実績 記載なし
その他 ・TOTO・DAIKEN
・YKK AP、業界トップ3社が協力
・エコを意識した外壁塗装

3位リフォームのナカヤマ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~80万円
保証期間 なし
工事実績 590,000件以上
その他 ・足場代金が半額キャンペーン中
・カラーシミュレーションが可能
・事前診断書の作成

トップページ

基礎知識