価格で選ぶ外壁塗装業者ランキング

外壁塗装の価格 > 基礎知識 > 外壁塗装が経年劣化し始めた合図

外壁塗装が経年劣化し始めた合図

驚いている女性


外壁塗装の経年劣化に見られる症状

外壁塗装の経年劣化に見られる症状は変色・チョーキング現象・カビの繁殖・ひび割れといったものとなっており、これらに加えて塗膜の剥がれといった問題が起きた際にも工事を行う必要があります。

変色は主に太陽光の紫外線による影響で塗料幕を構成する樹脂が表面から劣化して起きる現象であり、日当たりの良い箇所でこうした症状が見られます。

外壁を手で擦るとチョークの粉が手に付着するのをチョーキング現象と呼び、これは紫外線と水の影響で塗料の色彩を構成する顔料が粉状になることで起きる現象であり、こちらの問題が起きている際には塗装工事を検討しなくてはいけません。

外壁が本来の役割を担えなくなった時は表層面が保水性を持ってしまうのですがこれが原因で雨に含まれている汚染物質が付着してしまい、カビが繁殖する為こちらの問題を早期の段階で確認するのは簡単です。

ひび割れは主に塗装膜そのものが年月の計亜で固くなって起きる現象なのですが、何らかの要因で下地素材が割れることでも起きるので、こちらも早期の段階で工事を行った上で改善する必要があります。

外壁塗装に用いる樹脂の持つ長所

外壁塗装にはアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素といった様々な樹脂を用いた素材を使うことになりますが。それぞれには異なった長所があるので注意しましょう。

アクリルは比較的安価な樹脂なので気軽に使うことが可能でウレタンは光沢に優れていますから住宅全体の外観を綺麗に整えられますし、シリコンは耐候性に優れているので環境が変化しやすい所に住む方々にとって好都合です。

フッ素は他の樹脂に比べると高性能で激しい雨風による影響を受け続けても塗膜が剥がれ落ちるといった問題は起きにくく、常に綺麗な状態を保ち続けられます。

各業者はこうした樹脂に関する説明を事前にきちんと行いますから、最良の素材を用いた上で工事を始めることが可能なのです。


外壁塗装ランキング

価格が安いだけでなく、口コミを見て安心できる業者を独自基準のランキングにてご紹介!
外壁塗装業者は価格だけでなく、実績や対応エリア、技術力の総合評価で決めましょう!

1位外壁.com

対応エリア 全国対応
参考価格 30万円~80万円
保証期間 5年保証
工事実績 47,000件以上
その他 ・ホームページで見積り金額が分かる
・Tポイントが貯まる
・支払いは全額後払い
  • 口コミを見る
  • 公式サイトを見る

2位TOTOリモデルクラブ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~160万円
保証期間 なし
工事実績 記載なし
その他 ・TOTO・DAIKEN
・YKK AP、業界トップ3社が協力
・エコを意識した外壁塗装

3位リフォームのナカヤマ

対応エリア 全国対応
参考価格 50万円~80万円
保証期間 なし
工事実績 590,000件以上
その他 ・足場代金が半額キャンペーン中
・カラーシミュレーションが可能
・事前診断書の作成

トップページ

基礎知識